ひとりでいるのとみんなでいるの

ひとりでいるのもきらいじゃないけどみんなでいると楽しい
いろいろイベントがあるし
だけど文字にできないのはなんでかなと昨日考えてみた。
昨日はたとえば学校の友達とフランス語検定(多分落ちた)そのあと知樹と原宿、
みのりと合流した新大久保に雨でいけなかった歌舞伎町とかいろいろ見たり聞いたりしたはずなのに言葉に変換されなかったりする。
もちろんフランス語検定のディクテがシュードル先生の声だったとか原宿でコスプレの女の子の写真をとるために思い切って声をかけてみたら声をかけた人と明らかに別の女の子が「あたしですかぁ?」ってうれしそうに笑うから仕方なくその子のスナップを撮ってしまったりだとかあたしの好きな松本秀人コスした人を撮ってみたりだとか書くべきことはたくさんあったんだけど。
もしかしたらいろいろありすぎてまとまんないのかもしれない。
そうだとしたら結構それは幸せなことなのかもね。

はじめて言った新大久保は韓国の人の巣窟でした。
看板や雑誌や張り紙までハングルだしおばちゃんは普通に「よぼしよ~」
って電話出るし食べ物屋は焼肉か冷麺かビビンバしかないし(ケンパップはなぜないのだ)プチ韓国って感じでかなりおもしろかったです。新大久保エリアは韓国で大久保の方まで行くと中国エリアになってて亀を縄でぐるぐる巻きにしながらテレカ売ってるお姉さんとか中文網ロ巴の看板とかが出てくるようです。聞こえてくる言語も1位韓国語2位中国語3位日本語くらいな感じ。異国情緒のあふれる新大久保、デートや忘年会にいかがでしょう。
[PR]

by eringish | 2004-11-22 13:01 | ワシ的発言  

<< 恋愛の終わる頃 変圧器 >>

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析