今日の一冊

燃え尽きるまで 唯川 恵 

恋愛小説。というか執念小説。
31才女。仕事ができるだけじゃなくて恋人もいる
「理想の」キャリアウーマン怜子。
そんな自分を誇りに思っていた。でもそんな怜子の自信も
5年付き合った恋人に別れを告げられた瞬間から揺らぎ始める。
恋愛をするときあなたは彼、彼女を通して何を見ているのでしょう。
楽しさや幸せだけでは愛情は育たないからこそ
狂気が生まれるのかもしれません…
ちなみに自分はこの物語を通して今まで気づかないようにしてきた
女のきたなさや怖さをつきつけられて怯んでしまいました。
決して面白い物語ではありません。
ラストの展開はなかなか見ものですが全般的には
女の恋情がたらたらとつづってある小説でした。

なんだか最近調子がいまいちです。
仮前の学科落ちました。
2月前に路上に出れるんでしょうか・・・
[PR]

by eringish | 2005-01-29 01:45 | 映画/小説/漫画  

<< P&Gのセミナー行ってきました! 最近読んだ本 これから読みたい本 >>

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析