Jam Under the Star

父企画のJazzイベントにスタッフとして参加してきた。
地元のキャンプ施設を貸しきって
キャンプしながらバーベキューしながら酒を飲みながら
Jazzミュージシャンにセッションをしてもらうというイベント。
もちろんあたしは何の楽器もちゃんとはできないんだけど
ミュージシャンの人たちと話してると
いろいろモチベーションもらえて変わった人も多いし面白い。

参加者は総勢60名。
機材を持ち込んで夜通しJazzのセッション三昧。
もちろんミュージシャンだけでなく
オーディエンスとしてきている参加者もいて、
そういう人たちもなんかやろうよ!ってことで
即席でゴスペル隊を組んでボイストレーラーの先生に指導を受ける。
もちろん初心者の自分も参加。3声コーラスのテナー。
オーディエンスで来ている人とはいえ
みなさんジャズボーカリストを目指してレッスン受けてる途中、
みたいな人が多い中ど素人の自分はかなりの
ご迷惑をおかけしたことと思いますが
プロの生演奏でステージで歌えるなんて本当に感激しました。
この場を借りてお礼お礼。
これが何かのきっかけになってまた音楽に携わることができれば
と心から思います。

施設から20時で音出しやめてくれといわれたにもかかわらず実際に
終わったのは深夜0時を少し過ぎたあたり。
Jazzミュージシャンはほんと疲れることを知らないのか
っていうくらい楽器を奪い合いながら弾く。
もちろんレベルにかなりの差があったりするわけなんだけど
自分の引き出しを最大限にあけまくって空気にあったアドリブを
つむいでいくっていうのはテクニックだけがなせる業じゃないのかな
と何も知らない身で思う。

でもこういう機会に参加できてよかったです。
もっとJazzを聞きにいく機会も多くなりそうだし、
影響を受けやすいあたしのことだから趣味の幅も広がるかも。
久しぶりに充実した夜を飲み明かしました。

ま、卒業かかってるレポートはまだ手付かずだったりするわけですが・・・笑



a0032796_1347364.jpg

[PR]

by eringish | 2005-07-24 12:10 | 遊び  

<< かゆい なんだってこんなことになってし... >>

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析