いとうおかえりパーティー【ブラックボックス版】

ソウルからはるばる一時帰国しているいとーさんに会うため
いとーさんおかえりパーティーを企画した。
まず6日の段階。店を探す。
せっかくのお帰りパーティー、
いつものモンテローザ系のお店には譲れない。
みんなの中間地点町田でなんかいいお店はないものか。
思い出してみるけどいつも安いお店で済ませちゃってるから
なかなか思いつかない。
検索、開始。
するとぐるナビで「50種類の自慢の手づくり料理と
80種類以上のカクテルその他ワインも充実、
食べて飲んで楽しめるお店です」と頼もしいお言葉。
予約しようとしたもののまだお店が開いてないらしく
つながらない。あきらめて夜再度電話することに。
そしてバイトの終わった11時ごろ、悪いとはおもいつつ
終バスの中で電話する羽目になる。
予約の電話くらいすぐ終わるだろうと思ったものの
人数と予算と会の目的などでなかなか話し終わらない。
「お客さん、電話やめてください」バスの運転手がキレてエンジンを
止めてしまう。まわりの視線が痛い。
チキンなあたしはすごい中途半端なところで
「ちょっと状況がまずいことになってるんでまたかけなおします」
とだけいって一方的に切った。ため息と同時に発車するバス。
運転手さんとみなさまには慇懃に陳謝したのはいうまでもありません。

そしてパーティー前日。つまり8日。
なんやかんやでやっぱり社会人チームは金曜日も忙しい。
「9時には町田無理そう」との声多数。きのいわく「当然でしょ~」
というわけで人数が変更になったのでマスターに言われたとおり
人数変更の電話を入れる。店内のざわめきとともに
やや高めのマスターの声。
「お電話ありがとうございます、びずとろ集です。本日の営業は
午後5時からとなっております。なおご予約のお客様につきましては
午後4時より承っております、お電話ありがとうございました」
え?もう夜9時なんですけど??どういうこと??

そしてパーティー当日の午前。相変わらずつながらない電話
に不安を覚え、保険としてもう一つくらいいい店を探しておこうとする。
と、そのときマスターから電話が。
「昨日はすみません、配水管から水が漏っちゃって業者が入ってたもので・・・」
どんな店やねん!と心の中でつぶやきながら7名に
人数変更になったことを告げる。「何か特別な集まりなんですか?」
「留学していた友達の一時帰国のパーティーです」
電話つながってよかったよぉ!とガッツポーズ。
「うちは基本的に本格的な飲み物を劣りそろえしている関係で
飲み放題は行っていないんですが予算が3000円前後という
ことでしたら飲み物も含めて皆さん個人会計が
そのくらいになったところでお知らせいたします」
なんとも頼もしいお言葉。

そして当日の待ち合わせ時間午後6時45分。
みのりの姿を発見。かわいらしいワンピースに
白のアンサンブル姿、白いメッシュパンプスでお嬢様コーデ。
「一番乗りだねぇ」とのことで昨日あった事件のことを聞きつつ
残りのみんなを待つ。いとうさんは日本では携帯を持ってないから
不便だ。公衆電話から着信。いとうさんに間違いない。
彼は電話だとちょっと凄みがある。というか語気がつよいので
ちょっとこわい(笑 場所が分からないらしく何回駅の外の
花屋の前だって言っても通じない。「いーやもうてきとーに探すから」
って、電話の意味あったのコレ?っていう。

まあ「てきとーに」なんとかしてかろうじて会えたいとうさん。
「韓国人の友達もつれてっていい?」の言葉にあった韓国人らしき
人影が見えず。「今日俺とあいつは別行動だから」ということで
遅刻決定。ハナコとアヤコも遅刻。この時点で7時20分。
さすがこれだから環境の人間は・・・ぶつぶつ。
店に遅れてすみません電話をして場所の確認。

さほど遠くない位置にある目立たない看板「びすとろ集」。
レンガづくりの建物の急な階段を登ってすぐの薄暗く
オレンジの灯火の店内は狭く、マスターとバイトが1人いるだけだ。
奥に用意された料理にはラップがかけられ、ちょっと罪悪感。
でも次から次に出てくる料理のおいしさに思わず舌鼓。
いとうさんのブログを通してみた傷心話は実に名文で
詳しいことを本人から聞きたがっている一同。ぐっとこらえる。
あやこのだんだんネタになってきた(なってなかったらマジごめん)
傷心話をしつつあっという間に最初の2時間は過ぎる。

ここのお料理はほんとにおいしいです。
お酒も宣伝文句にまけないくらいおいしい。
たぶんぐるナビクーポンで初来店のお客様グループで5000円オフ、
がなかったらとてもじゃないけど学生には届かないお値段かも。。。

そして何が感動だったかといえば!
コース料理が終わったあとでなんかデザートたべたい!ってことになり
「デザートメニューとかありますか?」ときいたところ
笑顔のおにいさんはほほえんで店内がいきなり真っ暗になった。
”I was born to love you~♪”BON JOVIが爆音でかかる。
心臓麻痺を起こしそうな顔をしているきのくん。笑えた。
笑顔のお兄さん、花火の刺さったフルーツを持って
「おかえりなさ~~~~~~~い!!!!!!!!」
うちらからも「いとうさん、おかえりなさ~~~~~~~~い!!」
の大合唱。花火が消えてからポラを撮ってくれた。
残念ながらお持ち帰りはできないというので接写モードで撮ってみたものの
みんな鮮明には写らなかった(ショボン
このサプライズは実は幹事のあたしも知りませんでしたw
一緒になってびっくりしてたもんねw
いとうさん、うれしそうだったなぁ

そんなこんなで1次会は終わりみのりを5人一列になってお見送り。
2次会は普段着スタイルで「きちんと」へ。質権と抵当権について
きのくんからミニレッスンをうける。衆議院と参議院の人数と任期すら
覚えていないあたしはSFC生扱いされない。というかハナコまで
「小学校でならったよねぇ」とのこと。
衆議院の方が人数が多いから派閥ができてしまって
世論を忠実に反映できないぶん年期は少なくて
参議院のほうが人数が少ない分世論のニーズを汲み取って
生かすことができるから年期は長いんだとかてきょの教え子に教わった
という話をしたら「そんなんで納得するな!」とお叱りの声が。
ごめんなさい、日本国のシステムがとってもよくわかりません・・・
政治経済、もっとやっとけばよかった。。。
ワンドリンクで1時間半くらい持って、みんなで仲良く帰り道。
王子きのはさよならもいわずに消え、
ハナコといとうさんは横浜方面で
宴のあとはいつも寂しいひとりの帰り道。
でも今日もほんとに楽しかったね!いとうさんまた早く帰ってきて!

記念撮影!!
[PR]

by eringish | 2005-09-10 12:39 | 再会  

<< フェチバトンだってさ washiがなんかいいそうない... >>

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析