色香

夕刻の闇が 輪郭をなぞる
暗がりに迷わぬよう
薄くまとった 白檀の香

黒髪を梳いた指の先
煮やした血が奪う あなたの冷静
爪跡に熱を残して
その温度で支配して

むさぼるだけでは
飽き足らず
味わうだけでは
退屈で

全部見たいというのなら
恐れないというのなら
あなた
日常から
少しだけ
溶かして逃がしてあげる
[PR]

by eringish | 2009-05-26 00:10 | ワシ的詩文  

<< 教科書問題が歴史教科書だけなワケ 炭酸水飲み比べ:イタリア天然発... >>

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析