問題復元した

60問あったはずだけど思い出せたのは57問…
英語は大体覚えている。
8問くらいあった。以下7問再現。

【英語①】まんまHPに載ってた。オーストラリアの研究機関の広報レポート。
Australian researchers believe that sunshine may prevent children from becoming
short sighted. A comparison of children of Chinese origin living in Singapore and Sydney
found the rate of myopia in the Singaporean was ten times higher.
the key difference was that the Sydney kids spend almost 4 times longer outdoors.
researchers say sunlight is the key it increases dopamine levels which inhibits
excessive eye growth,a known myopia cause.
they recommends sunglasses as they don't seem to stop the dopamine release.protecting children s eyes from UV is the appropriate thing to do.

選択肢は忘れた。シドニーの子どもの方がシンガポールの子どもに比較して外で遊ぶ時間が長く、日光に当たる時間が長いので近眼率が低い、みたいなやつだったかな。

一瞬日光は目の成長を阻害するうんぬんの文字列が目に入ったからどうだろうと思ったけど、よく読むとあくまで目の過成長の原因物質の分泌を阻害するって書いてあるからやっぱり日光は目の成長にとって悪いもんではないんだなと思って選択肢を選んだんだった気がする。
これはおそらく横浜独自問題。


【英語②】またもや原文発見。EnglishClubのHPより。
There are two features that identify an idiom: firstly, we cannot deduce
the meaning of the idiom from the individual words;
and secondly, both the grammar and the vocabulary of the idiom are fixed,
and if we change them we lose the meaning of the idiom. Thus the idiom
"pull your socks up" means "improve the way you are behaving" (or it can have a literal meaning); if we change it grammatically to "pull your sock up" or
we change its vocabulary to "pull your stockings up",
then we must interpret the phrase literally - it has lost its idiomatic meaning.

横浜市独自問題はネットが文献なのだろうか。
この選択肢は「イディオムは単語を入れ替えると成立しない」みたいな選択肢が正解なはず。


【英語③】 原文は見つからず。
要旨:遺伝子によって運命が全部決まってしまうとはよく言われているので、病気の素因となる遺伝子が発見されただけで絶望的になってしまう人がいる。でも素因遺伝子を持っている人がそうでない人の200%病気にかかる確率が高くなるというのは、たとえば100人に1人が罹患する統合失調症の場合にはextraの可能性を見込んで1%+1%×200%で3%になる、という程度に過ぎない。また、罹患率や性格、知能への遺伝子作用の序列はよく分かっていない。

地上と共通問題。選択肢は「遺伝子が病気、性格、知能に与える影響はそれほど大きくない」と「遺伝子が病気、性格、知能に与える影響は専門家の間でも意見が分かれる」で後者にしてしまったけど前者が正解だったような気がする。英語落とすとつらい。


【英語④】マラリア患者数の予測
要旨:マラリアの患者数の予測値が過去の予測値から大幅に減少した。
今までは1960年代の地図を根拠に予測していたけれど、最新の地域データに基づいた結果
今までの予測を大幅に下回る数値が算出された。
マラリアを媒介する蚊はジャングルなど、林を住みかとしており、アジア、アフリカ、ヨーロッパ?に分布している。アジアにおいては急速な都市化で森林が失われつつある。

地上と共通問題。選択肢は「患者数が減った原因は1960年代の地図の使用をやめたから」と「都市化によって蚊が減ったから」で少し迷って前者。


【英語⑤】バッタの仲間、コロギスという昆虫の生態について
要旨:コロギスは他の昆虫みたいに毒を持っていたり、特別な外観があったりするわけじゃなく
自衛手段を一切持っていないから、捕食者に見つかると格好の餌食にされてしまう。
だからコロギスは目立たない場所に巣を作って、ひたすら隠れて目立たないように生活している。
でも、いざ追い詰められると羽を広げて暴れる。

地上と共通問題。選択肢は「追い詰められると暴れる」が正解。


【英語⑥】大正デモクラシーの効果について
要旨:大正デモクラシーは結果的には失敗だったけれど、
ドイツやイタリアがファシズムに傾倒していった時代に、日本では曲がりなりにも
一時期民主主義を達成しようと頑張った。
大正デモクラシーは第二次大戦後日本が民主主義国家となるにあたっての土台を築いた。

地上と共通問題。選択肢は「大正デモクラシーは戦後の民主主義に寄与した」が正解。


【英語⑦】原文なし。うそ、あり。日系サイエンス2008年12月号「英語で読むサイエンス」より(和訳付き)
In defining some disclosure of information as a breach of privacy,
it is useful to distinguish any objective harms arising from the disclosure
―fraud, denial of a service, denial of freedom―from any subjective privacy harms,
in which the mere knowledge by a second or third party of one’s private information
is experienced as an injury.
In many cases, what is called a breach of privacy is actually a breach of security
or a financial harm: if your Social Security number is disclosed and misused
―and I probably give mine out several times a month―
that’s not an issue of privacy; it’s an issue of security.
As for breaches of privacy, the “harm” a person feels is subjective and personal.
Rather than attempting to define privacy for all, society should give individuals
the tools to control the use and spread of their data.
The balance between secrecy and disclosure is an individual preference,
but the need for tools and even laws to implement that preference is general.
和訳:
ポイントは,ある情報の開示がプライバシーの侵害にあたるかどうかを判断する場合に,
その開示によって生じる客観的損害と主観的損害を区別して考えるべきだということだ。
客観的損害とは,詐欺にあったり,サービスを受けられなくなったり,自由に行動できなくなることなどを意味する。主観的損害とは,相手または第三者に自分の情報を知られること自体を不当と感じることだ。
 プライバシーの侵害と呼ばれている事例の多くは,実はセキュリティーが破られたり
経済的な損失を受けるなど,客観的損害を被るケースだ。
社会保障番号(訳注:年金などの給付業務を目的に米政府が個人に対して発行する番号で,
身分証明によく用いられる)が悪用された場合などがこれにあたる。
私も毎月数回は社会保障番号を提示しているが,そうした開示情報が悪用された場合は
プライバシーの問題ではなく,セキュリティーの問題だ。
これに対し本来の意味での「プライバシー侵害」は,自分の情報を他人に知られたことで
“自分が傷つけられた”という個人的・主観的損害を被る。
 だから,一律に適用できるようなプライバシーの定義はない。
ならばむしろ,個人情報の利用と拡散をコントロールできる手段を個々人に与えるべきだろう。
情報を秘匿するか開示するかの判断は個々人の意向によって異なるが,
その意向を実現するための手段や必要な法律はすべての人に共通する。

地上と共通問題なのにネットの文章だった。
選択肢は「何をプライバシーとするかは個人によって異なるので個人情報を自己管理できる体制を
構築すべき」というやつが正解。

英語8問だった気がするんだけどあと1問が思い出せない。
どうだったかな。
マジックナンバー7がこんなところで発揮されるとは。

参考URL(原文)
ttp://www.nikkei-science.com/english_read/bn200812.html
ttp://www.englishclub.com/ref/Idioms/
ttp://uhl2312liana.blogspot.com/2009/03/reading-entries-march-e04.html
[PR]

by eringish | 2009-06-30 13:09 | 市役所試験  

<< 備忘録(数的) うけてきた >>

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析