当帰勺薬散

ホルモンバランスが狂っているため治療を始めました。
子を設けるのはまだ先の予定ですが、今のままだとマズイ状況だということです。
基礎体温というものも26歳にして初めてつけ始めました。
院長先生にはハタチを超えたらエチケットですよと怒られました。
それはないだろ。

というわけで、まずは漢方薬での治療を開始。
身体の冷えから解消して、体温を上げる効果があるという当帰勺薬散を朝昼晩に
摂取します。
冷え性ではないと思っていたんだけど
「特に冷えを訴えなくても、夏に強く冬に弱い、冷房の風に当たるのを好まない方、
俗に言うおしりのつめたい方」に効果があるとのこと。
見事に全て当てはまります。

さて、この当帰勺薬散。
漢方薬というからにはさぞかし苦いんだろうなぁ・・・と思って飲んでみたところ。


ニガイデス


でも、なんというか、懐かしいにおい。
そう、これは。
金魚のエサのような。
なんだかフリカケのような味で少しクセになりそうです。

婦人系のお薬は肌とかにも効くから、効果が今から楽しみです^^
[PR]

by eringish | 2009-07-07 00:20 | ワシ的発言  

<< 横浜市1次結果 気弱 >>

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析