2005年 04月 07日 ( 1 )

 

やりきれないこと

これからいやな文章を書きます。気分を害する恐れがあります。
そういうのがいやな人は読み飛ばしてください。
吐き出す場がないのでこのweb上に書きなぐりたいと思います。

昨日の夜はじめて家で椅子を投げつけました。
求職中の母とそれを支える父。家事の中心の祖母と就活中のワタシ。
なかなか仕事の決まらない母は家に不満の矛先を向けます。
父が会社に行く前に早起きして作ってくれたカレーと手羽先の煮物を前に
母「これいつもと味が違うわ。なんか一味足りないんだけど。」
父「そう?こくまろで作ったんだけど」
母「なんか違う。なんかおいしくない。」
父「そう?そんなことないはずだけど」
母「おいしくないわよ。絵里はおいしいと思う?」
ワタシ「ふつうじゃない?」
父「おいしくないと思うなら食べなくていいよ、
   たんぱく質が足りないといけないから手羽先、白いご飯で食べな。」
母「いい。なんかおなかいっぱいになっちゃった。もういらないわ。」
父無言でなべに残ったカレーを一人で全部平らげる
母「みずほから連絡あったの?」
ワタシ「今日はまだ」
母「じゃあもう落ちてるわね、もう10時過ぎてるし。
   電話来ないってことは落ちてるってことでしょ。あきらめたほうがいいわよ。
   いつまで待っても来ないから。早く寝たら?」
父「落ちたかどうだかってまだわからないだろ、そういうことはいうなよ」
母「だってそういうことでしょ!?電話が来ないんだから落ちたって言って何が悪いのよ。もともとこの子には無理なのよ」


もうわけがわからないまま隣にあった椅子を床に叩きつけてました。
思ったより床は丈夫でフローリングに長い傷をつけただけで
板の間に沈黙を呼んだだけで
何も変わりませんでした。
なんでこうなっちゃうんだろう。
やりきれない。
[PR]

by eringish | 2005-04-07 12:29 | ワシ的発言  

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析