2009年 07月 12日 ( 1 )

 

散財デー

セールで靴2足調達。
モダン系パンプスとウェッジソールのサンダルをGET。9千円弱の出費。

それから面接に向けて、カジュアルな髪型をメンテナンス。
2年ぶりくらいに行きつけの美容院で全部縮毛矯正をかけたら
12人の夏目さんがaway from me without saying goodbye(;_;)
なんとなく清楚な感じになったからよしとしよう。

久しぶりに行ったのに美容師さんたちはなんとなく私のことを覚えていてくれて
すごいなぁと思った。いろんな店の中で接客が自然体で、全然独りよがりっぽくなく、
友達の家に来たみたいなくつろげ加減で一番気に入っているお店。
専属担当の吉岡さんは似合う髪形にとことんこだわる。
基本的な作業はアシスタントの山口さんと原くんが担当するんだけれど、
吉岡さんは最後の仕上げに余念がない。
髪の毛1本、1ミリ単位にこだわってカウンセリングをしてくれる。
だからこのお店を出るとき、私はいつも満足感でいっぱいだ。

もちろん、美容師的な技術は然ることながら、ここの美容師さんたちの
接客力は半端じゃない。メインの5人の美容師さんのうち、4人は男性で、
「車、音楽、沖縄担当」「地元、IT、スベリ担当」「イケメン、テクニシャン、大人担当」と
ジャンルがかぶらないキャラ分けができている。
しかもよくある「楽しい雰囲気を一生懸命作り出しています」という恩着せがましい接客がなく、
話に熱中してはさみや櫛が止まってしまうほど、無理なく盛り上がってしまう感じなのだ。
また、1対1で話すことよりも2人の美容師さんと客1人のようにして作業をすすめることが多いので
美容師同士の雑談の中に加わるような形で、なんというか、安心感があるのだ。
「なんか話さないと気まずい」という雰囲気がなくていい。

「車、音楽、沖縄担当」の山口さんとはとっても息が合って、アメ車のすばらしさ
(あのムダなパワー、無駄な大きさ、無駄なエンジン音)について熱く語ることができた。
そして88ナンバーを取ることが今となっては非常に難しいということや、
多気筒エンジンとターボの違いなどを詳しく教えてもらった。
「ITスベリ担当」とは初音ミクについてトークした。
初音ミクは第三世代でそれ以前もキャラがいたとのこと。
ふーん。ちなみにソフトは1万5千円するらしい。
わざわざ調べてくれた。

家に帰ったら「前の髪型のほうがよかった」と言われた。
かなし~…
無事就職できたらまたパーマをかけにいこう。
明日は面接対策もかねて横浜散歩をしてくる予定。
[PR]

by eringish | 2009-07-12 23:11 | お買い物  

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析