カテゴリ:未分類( 56 )

 

Cocco:パピルス読後感

というわけで、mixiのニュース見て(同ソース:http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200908280015.html)、パピルス読みました。
はい、ここからはCocco教信者の記事になりますので、
気持ち悪いと思われる方は素通り願います。



「Coccoが拒食症、自傷を語る」
ニュースのタイトルがまず煽りすぎで、
このタイトルありきで話が進んでいくんで
「ああ、Coccoはメンヘラをウリにしたな」となる。


パピルスは結局立ち読みしかせず、買わなかった。
750円の価値が感じられるインタビューではなかったから。
なんか、ガッカリした。
それはCoccoが拒食症やらのことを話したから、というのではなくて
インタビュアーが彼女から何も引き出せていないからというところが大きい。


その人の言葉の裏にある背景をどれだけ思い描けるか、
そんな奥行きのある言葉をどれだけ引き出せるかは
インタビュアーの力量が問われるところだと思う。
そういう意味でこの記事はなってないと思うんだ。
ロッキンオンとかラジオとかでのCoccoの息遣いと
明らかに同一人物じゃない書き方をしすぎている。
ひとつの記事の中に「あたし」と「私」のバラつきがあるのも
なぜなのか流れが汲み取りにくいし。


彼女が自らのことを語ろうと思った、そのディティールの部分が
一切聞き出せていなくて、
ひたすらCoccoの自傷と拒食症のことに焦点を当てたような、まるで
「スクープ取ってやるぞ、まだ誰も書いてないこと書いてやるぞ」
と思っているんじゃないかと邪推してしまうような対話。
まだその人の経歴ぐらいしか分かっていないのに、
どんな体位が好きなのか聞き出そうとしてるみたいないやらしさを感じた。


自傷にしろ拒食症にしろ、それだけが彼女のアイデンティティじゃないことは
音楽を聴いたり他のインタビュー記事を読めば明らかだし、
そこだけにスポットライトを当てれば、木を見て森を見ずに
なりそうな気がした。
もっと、人間てのは強くて複雑なはずだ。
「こころの問題」としてだけではなく違う側面から照らせたはずだ。
丸を丸ですね、って言って横から見たら円柱だった、みたいなことに
もっと気を使ってほしかった。
このインタビューはテーマの重さから深いようでいて、実は浅い。


それに、この記事、活字からは肉声が聞こえてこない。
つじつまのあった文章、正しい日本語を使いました、という印象を
ひどく受けて、言葉以上のものが見えてこない。
この記事がもっと体温とか、息遣いとか、表情が分かるような
ものだったら絶対買っていたのに。
せっかく療養中の人を前にしたっていうのに、
なんてもったいないインタビューと記事なんだ、オーマイゴッド。

とはいえ、内容としてはすごい調子が悪そうで心配になりました。
Cocco、食べれるようになれー

追記:
堀江博久とはるな愛とのインタビューは、
口調もCoccoぽく書けてて、とってもよかった。


ファンでない人から見るととても痛い記事ですが、
好きなんだからしょうがないでしょ。
[PR]

by eringish | 2009-08-29 00:49  

本日の成果

また睡魔に負けました。
クヤシイデス!

7:00~9:00    模試見直し(数的:5問)
              図形の計量 1題不正解  
9:00~9:50    朝食
10:00~11:15  地理・時事復習
11:15~13:30  睡魔に襲われる
13:30~14:00  社会科学問題集
              第1章 政治原理と政治制度復習   
14:00~15:30  昼食 買出し
15:30~18:00  世界史復習
18:00~19:00  入浴、社会科学問題集持込
19:00~20:30  夕飯準備
20:45~21:30  夕飯
21:30~24:00  世界史復習  18C~19C


2時間半の昼寝をしてしまいました。
でも眠いときに寝ると効率がちょっとアップする気がするから
前向きに…
得意科目だった社会科学、政治学、行政学、社会学の記憶が
だんだんあいまいになってきているし、
焦る!!



覚書
ダールは、アメリカ社会のケーススタディを通じて、
権力はさまざまな利益を代表する複数の社会集団の
間で共有されている
とし、こうした集団間の交渉や連携によって
競争的均衡が生じることにより市民は指導者をコントロールできるとした

ダールはこのおようなアメリカの現実の民主政を、理想としての
完全な民主政と区別してポリアーキーと名づけた。

異議申し立ての程度と包括性の程度の組み合わせにより政治体制を分類。
[PR]

by eringish | 2009-05-05 00:26  

HIV検査ルポ 【長文】

保健所の無料HIV検査に出かけてきました。
少しでも興味ある人の参考になればよいのでレポート。



検査時間は午後1時半から4時半までの3時間。
3時30分くらいに保健所に到着。
自動ドアを入るとすぐ受付があって、おばちゃん看護婦さんが
笑顔で迎えてくれる。

私     「HIV検査を受診したいのですが」
おばちゃん「こちらのプラスチックの白い番号札を引いてお待ちください。
        待合所が左手にありますので腰掛けていてくださいね。
        奥のほうが暖房が効いてるから暖かいわよ」
バインダーと問診表を渡される。

待合室はこれから受診する人と検査が終わって止血をしてる人が5~6人。
平日の午後に受診する人は思っていたよりも多かった。
年齢層は私と同じか少し若いかなくらい。おそらく全員20代だろう。
ふたりで検査を受けたらしいカップル、
失礼ながら性交渉の機会はあまりなさそうなルックスの男性、
大学生風の青年、同い年くらいの女性が2人。

たぶん、というか想定内というか、普通は検査に来てる他の人はどんな人なのか
周りの受診者も興味津々だと思われます。
よけいなお世話だと思いますが迫害されたくない人はそれなりに
清潔な身なりで出かけたほうがいいと思われます。

5分ほど待って検査前相談室からさっきとは違うおばちゃんが出てきて
「白い札xx番の方どうぞ~」と呼ばれる。
相談室に入ると荷物を入れるカゴが置いてあって、荷物を置いてから
待ち時間で記載した問診表をおばちゃんに渡す。
おばちゃんは問診表にひと通り目を通したあと、
「今日の検査について説明していきますね」と説明を開始。

1.今回の検査は申込者の意志に基づいて行うこと。
2.今回の検査結果では診断書等は発行されないこと。
3.診断結果は翌週以降の毎週水曜日に聞きにくることができること。

以上3点を確認したあと、検査同意書兼検査結果時の合札となる書類に
匿名で名前、年代を記入。匿名でも匿名でなくともいいと言われたけど
なんか公式ぽい用紙にニックネーム書くのも恥ずかしいので本名の苗字のみ記載。
年代でも年齢でもいいと言われたのでここは実年齢を記載。
検査後にこの検査申込書の複写(控)は手渡されて、
結果発表時に筆跡を照合して本人確認する合札になるので次回必ず持ってきてくださいと。

HIV検査では他の性感染症の検査も同時に可能だという。
せっかくなので他の検査も受けてみることにした。
1.梅毒
2.クラミジア
3.淋菌
どれも聞いたことがあるSTIの代表格。
1と2は血液検査、3は尿検査。
3の検査は膀胱滞留時間が4時間以上の初尿検査ということから
正確さがやや劣る(4時間以内にトイレ行ってたりすると検査結果が正しく出ないおそれがある)
ことの説明を受ける。

ひと通り説明を受け、尿検査の容器を渡される。
おばちゃん「あら、ワタシ検体番号の確認したかしら」
私      「いいえ、たぶんまだだと思います」
おばちゃん 「あらやだ、説明が長くって忘れちゃったわ。検査申込書の番号、xxxxが
         尿検査の容器と血液検査の容器の番号と合っていることを確認してください」
おばちゃん、忘れちゃってました。まぁいいか。


自治体にもよるんでしょうけど、この市はトイレもそれなりに年季が入っているので
今病院で一般的なトイレに検体を提出するようなつくりにはなっていなくて、
トイレで検体をとってきたらトイレ外の、センター玄関の受付横の提出BOXに
そそくさと並べなきゃいけない。
検体容器も透明だし、結構恥辱プレイぽ。
ちょっとは考えておくれ。


それからまた5分ほど待っている間に簡単なアンケートを記入。
問診表とは趣旨がちがうアンケートで、主に検査を受けたきっかけは何ですか
(チラシ・ポスター・テレビetc...)というもの。


そして、いよいよメイン、採血。2本分とります。
番号札が呼ばれて検査室の中へ。おばちゃん看護婦さんたちが3人ほど。
いかにも採血しそうな顔をしたおばちゃんが医療用手袋をはめた手で針を準備していた。

採血おばちゃん「はーい、じゃあ採血しますから準備してください」
        私「痛くしないでください」
採血おばちゃん「生きてるんだから痛くないことはないけどね~
           どれどれ、あ、とくに採血しにくい腕ってわけじゃなさそうね~
           はーいじゃあ親指中に入れて握ってください」
無言で指先を言われたとおりにする。
採血おばちゃん「大丈夫ですか~?」
          ブスッ
        私「…痛いですemoticon-0106-crying.gif
採血おばちゃん「神経が通ってるってことよ!」
        私「…ひぃ」
この採血は針が太いのかいつもより3倍くらい痛かった…
かかりつけのおばあちゃん看護婦さんのほうがやっぱりうまいからなのか…
なんにしろ注射はイヤだ。

終わってぐったりしていると荷物を入れたカートに砂時計を入れて待合室に
出される。ここで脱脂綿で5分間の止血をして、絆創膏を貼ったらHIV検査は終了。
4時15分頃に終わったんだけど、30代~40代くらいの女性が2,3人待合にいた。

即日結果の出る月1の検査の日はかなり混むらしい。
1週間後に検査結果の出る今回の検査でさえ結構盛況だったんだから、
混むってわざわざ言うってことはそれこそ病院みたくなるんだろうか。
でも若い人が多かったってことは思ったよりも意識が浸透してきてるって表れなのかも。

結果が出るのは1週間後です。なんともないといいね。
[PR]

by eringish | 2008-11-20 13:28  

過去の自分にありがとう

下記の通り、やや不安定な毎日が過ぎていきます。
だけど、今日は自分のブログを読み返していて、
まったく記憶に残っていないことだったりすることが
足跡として残っているので
しかも自分が楽しかった記憶がきちんと残されていたので
なんか自分自身に励まされちゃった気持ちです。
ありがとう、いままでのあたし。
あなたがいるからあたしがいるよ。
頑張って未来のあたしまでつないでみせるよ。
過ぎてしまえばあっという間だったってそういえる今とか
ターニングポイントだっていえる今とか
つくってみせるから。
まっすぐにいくよ!
[PR]

by eringish | 2008-08-14 00:39  

臨界点

そろそろ発狂してしまうのかもしれない
思考が断片化していく
今自分が発言した内容が分からない
自分はどうしてそう言ったのか
理由を、意味を思い出すうちに
結果に追い越されてしまう

時間が点で襲ってくる
打ち返している間に
行き詰って
その場しのぎの答えだけで満足していく
言葉に意味なんてなくて
一瞬一瞬を生きるための
居場所を勝ち取るための
ツールになっていく

嘘でもいい、真実を告げなくとも世界は回る
ばれなきゃいい、終わりよければすべてよし
結果オーライ うまく打ち返せりゃ大成功

素直に死ぬか虚構に生きるか 
ここが限界みたいです
なんとか生きていきたいんです
[PR]

by eringish | 2008-08-12 23:51  

養殖なんだ

色白で足は長くって
肌も髪も傷んでなくて
純粋ピュアで健康で
テンション高めで
空気は読めて

この社会の純粋培養
そんな人に憧れてるんです
自然淘汰なら遅すぎですって
[PR]

by eringish | 2008-08-10 21:17  

初プレゼン☆

たまには自慢させてください。
今日担当支店で勉強会があって講師として派遣されました。
実務経験賞味10ヶ月足らず。
そのあたしが入社10年目とかの先輩相手に
「ではここはどうなると思いますか?」とかいっちゃうわけです。
学生時代、いい思い出はほとんどなかったプレゼン。
苦手意識のかたまりだったプレゼン。
それがこれほどまでにうまくいくとは誰も思わなかったでしょう。
自分でも何が乗り移ったのかと思うほどでした。
あくまで担当支店でのおはなしだから、外部の人に
影響を与えられたわけじゃないんだけど、仕事で成功したって実感は
悪いもんじゃないです。すっごい自信になります。
今日に教訓があるとすれば、準備をしっかりすればできないことはない、
ってことだと思います。
おもしろくもなんともないブログでごめんね。
明日からが少しだけ楽しみ。
[PR]

by eringish | 2007-04-19 23:49  

祝・復活!

復活いたしました。
周りの先輩がたには迷惑をおかけしまして。
われがダーリンには心配をかけ
親にも半泣きされ。
落ちると半端ない落ち方をするあたくしは
結構おさわがせものなのです。
どうもご心配おかけいたしましたが
当方かなり元気に復活してしまいましたので
今後ともよろしくお願いいたします。
ブクロさいこー
[PR]

by eringish | 2006-11-14 23:51  

鬱々してたわけ。

こないだの投稿のときは久々に鬱々してたわけ。
ここ9ヶ月以上めっちゃ毎日元気だったから
いきなり落ちてやばいかと思ったんだけど、
なんとか持ち直している次第でございます。

だってー
営業行ったら取引先のお偉いさんにしょっぱなから説教されたんだもーん
へこまないはずないもーん
真顔で「そんなんじゃ君に営業は務まらないでしょう、やめそうだもん君」って、
まあ学生時代一緒だった人たちはそう思ってしかるべきですけど。
あ、卑屈?

んだけどこういう話も聞いてくれる人とか応援してくれる人とか、
今まで育ててくれた親とかに感謝してみると、意外と元気って出るもんなんだなー
と結構ピュアに感動しちゃったりしている今日この頃です。
なんか最近文才がめっきりなくなった気がする~
そもそもあったかが問題なんだけど。
これでも小学校のころの夢は小説家だし。
インドアな小学生だ。
明日は横浜中華街に中華なべを仕入れにいきたいと思います。

ではまた気がむいたときに。
コメントくださるとあたしの元気につながりますので、ぜひ、ご協力を。
[PR]

by eringish | 2006-11-11 01:38  

今日はなんだか疲れたわー

明日のはっぴーのために今日はもう寝ます
[PR]

by eringish | 2006-11-03 22:10  

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析