カテゴリ:ワシ的発言( 143 )

 

幸福実現党の街宣車がうるさい件

都議選終わったのに幸福実現党の選挙カーが必ず1日2回巡回している。
最初幸福実現党を知ったときはネタだと思っていたのに案外と熱心に
政権を取りにいっているようだ。

それにしても消費税全廃だの株価2万円台だの、
北朝鮮の基地を攻撃するだのうさんくさい。
マニフェストを読んでみようとHPを見てみると
党首が全員幸福の科学幹部でびっくり。

普通に考えたら軍事費アップさせるのに消費税やら相続税やらを撤廃して
その上高速道路を無料化したら一体何から財源を取るんだろうか。
小さな政府を目指すとのことだから福祉政策もこの際全廃してしまうんだろうか。
マニフェストにはそのへんの細かい部分は書かれていないのだけれど、
いずれにせよ今より財源が少なくなるということは
何かのサービスが削られるということ。
きっと年金とか介護とか自助努力でどうにかしてね、ということになるはずだ。

そして相続税だの株価だのについて声高に宣伝しているということは
お金持ちにとってやさしい国家をめざしていることにほかならない。
個人投資家が増えてきたことを加味しても、株価で一喜一憂する家庭は
全体の数パーセントにしかすぎない。
レーガノミクスよろしい小さな国家では、富裕層は富をさらに積み上げ、
政府に頼らなければならない社会的弱者は切り捨てられる運命にある。
相続税が全廃されれば富裕層と貧困層は固定化傾向が強くなる。

これほど格差格差で騒がれている国で、小泉純ちゃんですら今となっては
悪魔扱いされているこの国で、この政策を掲げるとはいい度胸だ。
宗教政党だということを除いても政策がとうてい理解不能なので
残念!与党はおろか都議選でもゼロ議席!斬りって具合ですね。

まぁこの辺はエホバの証人やら創価学会やらの勧誘戦争の激しい地区だから
仕方ないのかなー
[PR]

by eringish | 2009-07-20 12:00 | ワシ的発言  

冷やしビビン麺の復讐

明日面接だって言うのに
冷やしビビン麺食べた直後から声が出なくなった…
現在のどぬ~るスプレーでなんとか治療中…
どうしよう007.gif
[PR]

by eringish | 2009-07-13 20:48 | ワシ的発言  

当帰勺薬散

ホルモンバランスが狂っているため治療を始めました。
子を設けるのはまだ先の予定ですが、今のままだとマズイ状況だということです。
基礎体温というものも26歳にして初めてつけ始めました。
院長先生にはハタチを超えたらエチケットですよと怒られました。
それはないだろ。

というわけで、まずは漢方薬での治療を開始。
身体の冷えから解消して、体温を上げる効果があるという当帰勺薬散を朝昼晩に
摂取します。
冷え性ではないと思っていたんだけど
「特に冷えを訴えなくても、夏に強く冬に弱い、冷房の風に当たるのを好まない方、
俗に言うおしりのつめたい方」に効果があるとのこと。
見事に全て当てはまります。

さて、この当帰勺薬散。
漢方薬というからにはさぞかし苦いんだろうなぁ・・・と思って飲んでみたところ。


ニガイデス


でも、なんというか、懐かしいにおい。
そう、これは。
金魚のエサのような。
なんだかフリカケのような味で少しクセになりそうです。

婦人系のお薬は肌とかにも効くから、効果が今から楽しみです^^
[PR]

by eringish | 2009-07-07 00:20 | ワシ的発言  

気弱

私は一体SFCで何を学んだんだろう。。。
高校時代から教科書どおりのお勉強が得意で問題集の中の女王様みたいだったから
問題意識のないまま点数になる知識だけを詰め込んでSFCには入ったものの。
大学で何したらいいのか分からなくて、とりあえず単位だけ確保して
研究室でラーメン作ってたりしてた学部時代。

それってSFCじゃなくてもできたんじゃないか・・・
卒業してはや4年弱、やっと遅ればせながら学ぶべきテーマみたいなものが
分かってきたような気がする。
もっと国際社会論的な科目を真剣にやっておけばよかった。
ああ、学部からもう一度学びなおしたい。
基礎ができてないから大学院なんて無理だ。
再チャレンジ入試とかあればいいのに。

とりあえず、現実逃避はこれくらいにして、
就職のことを考えよう。
[PR]

by eringish | 2009-07-06 22:27 | ワシ的発言  

つぶやき

1次試験発表が5日で11日に論文試験。
それまで論文をしたためておこうと画策しているんだけれど
ついつい家にいると起きてぼーっとしてる間に夕方になって
夕飯を作って寝るという不毛な生活になってしまう。

勉強をするためにも明日からまた図書館通いの毎日だ。

図書館に行くというのを自分自身の言い訳に、
実は自転車がこぎたいだけだったりもするんだけど。
地元の道をコンプリートするために日々知らない道を
チョイスして進むようにしています。
20分で着くところを2時間かけて遠回りしたり、
ちいさな冒険はとっても楽しいです^^

でも明日はちゃんと勉強します。
[PR]

by eringish | 2009-07-02 23:40 | ワシ的発言  

!!!

7月になってしまった!
あぁぁぁああぁぁぁぁ
このブログも早いものでもう5年目か…
時間が進んだ実感がわかない。。。
[PR]

by eringish | 2009-07-01 01:00 | ワシ的発言  

お誕生日おめでとう

自分におめでとう。
[PR]

by eringish | 2009-06-25 00:42 | ワシ的発言  

終電

終電の高尾駅の前におじさんが仰向けに寝ていた。
おじさんとして長いこと生きてきた雰囲気だった。
暇だから話しかけた。

「おじさん危ないから起きたほうがいいよ」
おじさんは目覚めなかった。
「おじさん、バスが来るよ、車道だから危ないよ」
おじさんが少し目を開けた
「ここがどこだか知らないがお前いい女だな」
私はおじさんに興味を持った。

「おじさん、ここ高尾だよ、タクシーあるうちに帰ったほうがいいよ」
「じゃあお前んちに泊めてくれるか」
「うちはだいぶ遠いから無理だね」
「遠いって、お前それはこっからタクシーで156万くらいするのか」
「そんなにはしないけど、おじさんちは高尾からそんなにかかるの?」
「そんなにはかからないけど…なんだおまえの家は高尾の山奥か、
高尾って玉じゃないだろう」
「おじさん明日会社でしょ、今日月曜日だよ、大丈夫なの?」
「いいの、おじさんはね~、フランスもドイツもいろーんなこと経験してきたの。
だからね、そんなこといいの。お前ね、お父さんと子供、何人いるの。」
「子供はいないよ笑。おじさんバス来た、あぶないよ」
「いいの。おじさんはいーーーーの。おじさん今どこにいるか知ってる?」
「え、高尾だよ、ここ」
「ち・が・う~ 大空の下にね、いるんだよ」
「あー… ほんとだ…」
星の見えない生ぬるい夜だった。

じきにおじさんのずんぐりとしたシルエットが照らされ
私は急に最終バスのほうが大切になった。
「おじさん、あたしバス来たから行くね」
「ああ、お前はほんと優しくていい女だな」
かつて誰かに向けられた最後まで優しくて哀しい言葉を背に、
眠りを求めて家路を急いだ
[PR]

by eringish | 2009-06-23 02:21 | ワシ的発言  

ぎゃああああああ

6月になってしまった・・・
[PR]

by eringish | 2009-06-01 21:38 | ワシ的発言  

炭酸水飲み比べ:イタリア天然発砲水3種

街に出たついでに炭酸水を仕入れてきた。
今回の炭酸水はイタリアシリーズ。
仕入先もデパートでちょっとリッチな気分。
今回の炭酸水はこちら。
a0032796_17172181.jpg



左から
・ULIVETO(ウリベート)   駅周辺スーパーにて購入
・PARADISO(パラディーソ)  駅ビル輸入雑貨屋にて購入
・BrioBlu(ブリオブリュ ロケッタ)  高島屋にて購入

数日前に購入して飲み比べてみた。
結論としては以下の通り。

【飲みやすさランキング】
 1位 パラディーソ
 2位 ウリベート
 3位 ブリオブリュ


以下、個別に感想を書き留めておく。

【PARADISO パラディーソ】


 アメリカンファーマシーにて購入。
丸いふくらみの部分に羽根があしらわれたペットボトル。
形からしてかわいらしい。
南アルプスの麓、イタリア北東部のポセアニア ウーディネというところで
汲み上げたお水だそうです。天然炭酸ではなく人工炭酸です。
海抜2700m級の山々の麓にはたくさんの湖や小川があって、観光地としても人気の場所。
ワインの産地としても名高いようです。

風味としては全体的に上品な印象。
硬度は290mg/Lで中程度の硬水(日本の一般的な水は0~50mg/Lの超軟水)
でペリエよりもやわらかい。ナトリウムが3.1mg/Lと控えめなのもうれしい。
炭酸はシュワシュワとキメが細かく、口の中にはじけるような味わい。
ちょうどシードル(リンゴを発酵させて造るフランスの発泡酒)から
アルコールと香料を抜いたようなかんじです。
人工炭酸なのに。ミネラルがコクを出しているのかしら。

さすがワインの名産地といった感じで、お料理といっしょはもちろんのこと、
そのまま飲んでも、万が一炭酸が抜けてしまっても、おいしいです。
まぁ、ちょっと高嶺のというか高値の、というか、花ですね。

産地はこのあたりらしいです。


【ULIVETO ウリベート】


駅周辺某ダイエーにて購入。128円也。
緑色のボトルで渋い感じのデザイン。
日本語の解説部分にサッカーイタリア代表オフィシャルミネラルウォーター
との表記が。
ちなみに産地のピサはあのピサの斜塔のピサで、
ウリベートは市街地のピサから70kmくらいのところに位置している。

肝心の飲み口だけれど、これは好き嫌いが絶対にはっきり分かれる味。
硬度が542~624mg/Lです。かなりの硬水です。
カルシウム値はなんと171mg/L、ナトリウムにいたっては74mg/Lも含まれています。
そのためスポーツ直後には汗で失われたミネラル補給を水分補給と同時にできるので
飲みやすい微炭酸でグイグイ行くのは一石二鳥にも思えます。

しかし普段飲みに関していうとネックになるのが天然とはいえ微炭酸のところ。
開栓直後は微炭酸がミネラル分をマイルドにしていて飲みやすいのですが、
なんせ微炭酸です。すぐ飲まないとすぐ炭酸が抜けます。
極端に言えば1回の食事中にもただの水になってしまう場合があります。

カルシウムとナトリウムが多く含まれている硬水なため、
炭酸が抜けるとしょっぱいというか、苦味というか
独特の味になります。
普通のミネラルウォーターで硬水がだめな人はおそらくアウトな水です。

スポーツ後にはかなりイイと思われるのですが。


【Brio Blue Rocchetta ブリオブリュ ロケッタ】

高島屋地下にて購入。147円也。
パッケージはいたってシンプル。お酒を割るソーダ水みたいなパッケージ。
日本語解説にはイタリアペルージャの美しい泉から、とある。
中田がいたチームのあるところですね。イタリア中北部です。
このお水ももともと炭酸ガスがふくまれるミネラルウォーター。

お味のほうは・・・
硬度が161mg/Lとパラディーソよりもやわらかめ。
なのですが!
ん~・・・辛口だな、ってかんじ。
薄い海水に炭酸を入れたらこんな感じじゃないかな、みたいな。
個人的には結構抵抗があるのみ応えでした。
まぁ、コッテリした料理にはあうかもしれない。
味にコントラストをつけるにはいいかな。

成分的な話をすれば、
ナトリウムが4.7mg/Lとパラディーソよりも多めに含まれています。
パラディーソは3.1mg/Lなので他のミネラル分と比べてナトリウムの
構成比率が高くなっている分酸味というか独特のしょっぱさが
あるのだと思います。

ミスイタリア御用達のミネラルウォーターが売りみたいだけど、
わざわざ買ってまで続けて飲もうとは思わないな。
ちなみにこちらも微炭酸なのでまごまごしてると抜けてしまいます。
ご注意を。

 
追記*************************************

水にやわらかいも硬いもあるか、と思っていたが、いろいろ飲み比べてみると
ちょっと味がしょっぱいと思ったもの=ナトリウムの含有量多い
(⇒カルシウムとマグネシウムも多い確立が高い)=硬水
であることが判明。
日本の水を飲み慣れている人にとってはイタリアのミネラルウォーターは
好き嫌いが分かれそうです。
まぁ、なんだかんだいって人工炭酸水のヌューダが一番手ごろで無難です。
[PR]

by eringish | 2009-05-24 21:05 | ワシ的発言  

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析