<   2005年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

今日の一冊

ミシン タケモトノバラ

なんというか乙女な一冊。
最近の乙女はどうしてゴシックファッションと
狂気が枕詞になっているのか。
浪漫派志向の小説家は共産主義ときまっているのか?
シニカルになれる一冊。
[PR]

by eringish | 2005-01-31 21:50 | 映画/小説/漫画  

見極め合格!

見極めの教官が甘かったので何の苦もなく見極め合格!
「誕生日ジュリーと一緒だねぇ、知ってる?沢田ケンジ。
菅原道真とも一緒か。」と私の教習原簿を見ながらうれしそうに
自分の知識をひけらかす教官。
「よくご存知ですねぇ、そんな全然関係ない他人の誕生日なんて
なかなか覚えている人いませんよ」と相槌を打つと
「教官は何でも知っているのだ。わっはっは」と
ギャグなのか本気なのか分からない発言を嬉々として述べる。
そんな彼のプロフィールには「見た目はコワモテ中身は・・・?」と
書かれていた。
見た目からして若い女の子好きです、って感じだったけどなw
でもこれで見極めとった!
あさって仮免技能だよ!あともうひとがんばりで路上!
継続は力なり~~~
サボるな自分。
[PR]

by eringish | 2005-01-31 21:44 | 勉強とか  

言うの忘れてた

そうそう!昨日仮前(効果測定)リベンジして49問正解で受かったよ!
おとといは38問しか解答できなくてぼろぼろだったのに。
暗記するだけの勉強は一日でこれだけ伸びるんだなぁ。
これから免許取る人も一夜漬けがんばってください!
[PR]

by eringish | 2005-01-30 21:37 | 勉強とか  

P&Gのセミナー行ってきました!

おくればせながら就職活動!
新宿プラザホテルの目の前、
ファーストウェストビルでのP&G主催セミナー。
2階から3階へのエスカレータを昇っていくと
おしゃれなインテリアギャラリー。
その隣にあるA会議室が本日の会場。
あたしがついたのは受付開始時刻ちょうどだったけれど
まだまだ受付が始まる様子はなく・・・
ギャラリーを外から眺めていたのだけれど
リクルートスーツの人間が増えるにしたがって
ギャラリーのオーナーもこちらを気にし始める様子で
P&G側に文句を言いそうな雰囲気。
そんな中受付ようやく開始。

体育館くらいの大きさの会場にテーブルが12個。
受付が始まるとともに席が割り振られ、自分は4番目のテーブル。
テーブルに着いた人数は9人。男女ほぼ同数の割合で始まった。
まずは参加社員からのあいさつと自己紹介。
そのあと各社員から自分の所属部門に対しての説明兼P&G的スタンスが
紹介される。1つの机に集まった人を1チームとしてケーススタディ
を行うというもの。市場調査班とマーケティング班、営業班に分かれて
違う資料を渡されて班ごとに意見をまとめてチームの方針を決定するというもの。
自分は市場調査班だった。
外注で取り寄せたデータを読み取り
新しい提案の下地をつくる。そんな作業が物語りを作り出す作業みたいで
とっても楽しかった。

その後各社員のQ&Aがあってみんなモチベーション高くて
ためになるセミナーでした。しかもとなりにいたかわいくて頭のよさそうな
親しみやすいオーラ出してた女の子と仲良くなれてハッピーだったし。
おんなじディベロッパー希望だったし。
キレる系の子で今日はBtoBとかBtoCとかあたしの知らない
(常識らしいけど)用語を教えてくれた。
知識があるのにそれを嫌味っぽくなく教えてくれる独特の頭のよさ
がかっこいい女の子だった。仲良くなれたらいいな。

明日は見極めかも。教官優しい人でありますように!!!
[PR]

by eringish | 2005-01-30 21:35 | 勉強とか  

今日の一冊

燃え尽きるまで 唯川 恵 

恋愛小説。というか執念小説。
31才女。仕事ができるだけじゃなくて恋人もいる
「理想の」キャリアウーマン怜子。
そんな自分を誇りに思っていた。でもそんな怜子の自信も
5年付き合った恋人に別れを告げられた瞬間から揺らぎ始める。
恋愛をするときあなたは彼、彼女を通して何を見ているのでしょう。
楽しさや幸せだけでは愛情は育たないからこそ
狂気が生まれるのかもしれません…
ちなみに自分はこの物語を通して今まで気づかないようにしてきた
女のきたなさや怖さをつきつけられて怯んでしまいました。
決して面白い物語ではありません。
ラストの展開はなかなか見ものですが全般的には
女の恋情がたらたらとつづってある小説でした。

なんだか最近調子がいまいちです。
仮前の学科落ちました。
2月前に路上に出れるんでしょうか・・・
[PR]

by eringish | 2005-01-29 01:45 | 映画/小説/漫画  

最近読んだ本 これから読みたい本

*最近読んだ本*暇があれば感想なんか書きましょうか
石鹸オペラ 清野かほり 新潮社 ハードカバー p.252
チェリーブラッサム 山本文緒 角川文庫 文庫本 p.216

*これから読みたい本*
博士の愛した数式 小川洋子 新潮社 ハードカバー 
 
 世の中が感動したという物語を我も読まんとす。
 ちなみにセカチューはまだ未体験。
 感動モノとか悲劇系はあまり好まないのです。
 えり好みしてちゃだめですね。
大衆文学だけじゃなくて純文学も読みたいところだ。
プルースト読もうかしら<國枝くんオススメ作家
[PR]

by eringish | 2005-01-27 02:03 | 映画/小説/漫画  

the same yuki

雪が降ると思った。
目を盗むように細かな雪が
同じ色をした空を落下してきた。

あたしは雪の降り出す間際の空が嫌いだ。
白のようでいて白くない、
不安定なくせにてこでも動かなさそうな
妙に平べったくてのっぺりした均一な空。
大した特徴はないくせに
段々冷たく強くなってくる風がこれから雪が降る
伏線をちゃっかり作っていたりして
あたしはまた不安定なバランスのとれないような
眩暈がして倒れそうな なのに
この寒さで無理やり意識を押し付けられた感覚になる

この光景が何かを思い出させるんだ
そう感じる
だけど雪にまつわる具体的なエピソードなんて
ひとつもなかったりして。
生まれた感情をもとにしてチープなドラマを
作り出しているだけで。
そういえば自分は悲劇の主人公ぶってるって
いわれてるんだったことを思い出したりして
そんなことは9つのときから知っている。
と負け惜しみにもならない言葉がよぎる。

校庭はもう観念したように端の方から白く
色づき始めていて
自分も同じ色に埋もれそうになっている。
視界を遮った前髪の雪が鬱陶しい。
こんなにも理由なく苛立つあたしは
まんまと雪にエネルギーを奪われていく
[PR]

by eringish | 2005-01-23 19:28 | ワシ的詩文  

コラージュ

3年にもなってようやく参考文献をレポートに生かす方法が
わかってきました。参考になるかどうかはわからないけど
もし参考文献の有意義な?使い方を知りたいよーという方
はちょっと読んでみてもいいかも。
 まず一般的な文献は客観的データと主観的データで構成
されていて論理的な文章になるように巧妙に客観データと
主観データが混ぜ込まれている。だから自分の意見にその
文献を役立たせたいと思ったら客観データを持ち出してきて
材料にすればいいというわけ。
 これが今回のkill4から学んだレポートの書き方でした。
ディベートのやり方とちょっと似てるなと思った
今日このごろでした。
 明日はフランス語検定2級の面接です。がんばっちゃおう
[PR]

by eringish | 2005-01-23 01:43 | 勉強とか  

I will never see you,Never be with you

SAYONARA もうあなたとは会わない
SAYONARA 彼女なしでは
春は街抜け出した 朝焼けを探して
交代で座った 狭い助手席
3人乗ればいっぱいの
アナタの車で
タイヤがきしむたびに
みんなで笑った

あんなにいつも一緒にいて
恋をしても不自然じゃない
彼女の気持ちを知ってて 
あなたは来るのだと思った

SAYONARA もうあなたとは会わない
SAYONARA 二度と会えない
SAYONARA あなたを悪者にして
SAYONARA 二度と会わない
(吉田美和作詞『SAYONARA』)

誤解が解けたみたいでよかった。
みんな私を許してくれたなんてやさしすぎる
この借りはきっちり返します。。。
[PR]

by eringish | 2005-01-15 23:57 | ワシ的詩文  

書けなかったことを書いておきましょう。

3日前くらい(残留していたので正確な日にちは不明)
に高校のころのバンドメンバーで大学も一緒の
先輩に誘われて元バンドメンバーの先輩の
結婚決定の前祝い飲みに行ってきた。
自分以外一代上の人たちばっかりの飲みで
話が合わなかったらどうしようとかいろいろ
迷う要素はあったんだけど気づいたら
即返事OK出してた。

一年ぶりの吉祥寺は懐かしかったけど
アーケード以外はおそらく変わっていないのだろう。
あたしが見たものは新宿よりの飲み屋街だけだったから
今もまだ吉祥寺は思い出のまま。

誘ってくれた先輩と集合場所の居酒屋(笑笑)に行ったら
すでに座席でまったりモード。ほとんど知ってる顔ばかりで
不安になってた自分がなんだかバカみたいだった。
出てくるのは懐かしい話題とみんなの近況報告。
結婚するという先輩は自分で自分の道を探せる格好いい
女ドラマー兼ジャズボーカルで自分に必要ないと思ったから
大学をさっさと捨てて単身NYで歌と出会って自分の歌を歌いながら
自分で生活を成り立たせながら。幸せをつかみとったというわけだ。
幸せかどうかわからないじゃんとか言う人もいるけど、
幸せじゃないわけはないはず。一回り年上のすてきな男性がお相手。
自分にはできない生き様がうらやましかったり。
それが自分のものになったからって幸せかどうかはわからないのに
うらやましい気持ちがつのるのはあたしも結婚したいから
なのかな。だけど、その覚悟をされるくらい誰かから愛情を
注がれたら。絶対幸せだとおもうけどな。

高校のころの仲間ってのはいろんな進路の人がいて
当たり前とか基準とかアベレージとかいう言葉がどれだけ
あいまいかちゃんと教えてくれる。
久しぶりの人とはプリクラを撮ることにしているので
ここでもプリクラを。
先輩に100円借りたので祝儀で返そうと思います。
a0032796_23221273.jpg

[PR]

by eringish | 2005-01-14 23:21 | 再会  

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析