<   2005年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

蝶々の記憶

あたしはいつまであの蝶を覚えているだろうか。
体長10センチほどの見事な黒アゲハ。
身体は思ったよりも硬くて重かった。
あのあと、アスファルトの上で
どうやって形をなくしていくのだろう。

おおよそ誰かがいなくてすべて忘れても
さしてあたしの生活には支障がないから
せめてあの蝶の羽根模様くらい覚えておこう。
それだってなんの意味もないけど。
[PR]

by eringish | 2005-05-31 20:53 | ワシ的詩文  

山本 文緒

ふいに山本文緒の本が読みたくなって
閉店間際の本屋へ駆け込んだ。
ひどい雨で地面は浸水し、つま先立ちで歩かないと
ならないほどだった。

昔伊藤家の食卓かなにかでやっていた、
絶対にハネのあがらない歩き方というのを試してみたけれど
すんでのところでティッシュ配りの若い男を突っぱねた際
深い水溜りにはまってしまい水泡に帰してしまった。

やっとの思い出本屋についたころにはすでに山本文緒を読もうという
意気込みはすっかり遠のいていて、たかが恋愛小説のために
こんなずぶ濡れになって何してるんだろうなぁ自分、と
遠いところからうっすらそう思う。
それでも本を買わずにはこのずぶ濡れの対価が得られない!と
カバーが一番綺麗だった文庫本を3冊選んだ。

駅に向かう道すがらいろいろな人のいろいろな言葉の断片を聞いた。
・・・おかあさん・・・これから・・・間違えた・・・おなかすいた・・・待ち合わせ・・・
誰かが誰かに向けたこれらの言葉は、それぞれにあたしの知らない意味があって、あたしに届いてもあたしに向けられることはなく、これからも絶妙な誤差を保ちながら同じ未来の中に流されていくんだろう。

駅のホームでネズミをくわえたネコに会った。
もうなんとなく山本文緒だけじゃ足りないなと思った。
[PR]

by eringish | 2005-05-30 22:29 | ワシ的詩文  

だれか一緒に

カラオケに行きましょう!
もう一人でカラオケは卒業したかとです・・・
盛り上がる系の歌を歌って踊ってハシャぎましょ★
当方、林檎はとりあえず歌います。
hide、ミスチル、SADS、GLAY、ドリカム、ひっきー
Misia、こっこ、ぶりぐり、ちゃら、などなど。
コワレたいのでストレスたまってる人、
一緒にコワレましょ。
[PR]

by eringish | 2005-05-29 00:42 | ワシ的発言  

なんかいい歌詞「ストレンジカメレオン」

ストレンジ カメレオン/The Pillows

I wanna be your gentleman
変われる場所を探しに行こうか 誰かみたいに
I wanna be your gentleman
隠れる森を目指してみようか 痛くないように

汚れた川を汚れた僕と泳ぐ
君はとてもキレイだった
浮き沈みしながら 向こう岸へ辿り着いた後を
考えてる 今でもずっと

君といるのが好きで あとはほとんど嫌いで
まわりの色に馴染まない 出来損ないのカメレオン
優しい歌を歌いたい 拍手は一人分でいいのさ
それは君の事だよ

I wanna be your gentleman
上手くちぎれてくれない尻尾はトゲトゲで
I wanna be your gentleman
引っかき傷は癒えないのさ 治らないんだ

「たぶん もうすぐさ きっと」なんて息を止めたまま
どうでもいい行列に並んでもみた
「終わらないプレリュード奏でて生きてゆくみたいだね」って
僕ら笑う 死んでるように

たとえ世界はでたらめで タネも仕掛けもあって
生まれたままの色じゃ もうダメだって気付いても
逆立ちしても変わらない 滅びる覚悟はできてるのさ
僕はStrange Chameleon

勘違いしないでね 別に悲しくはないのさ
抱き合わせなんだろう 孤独と自由はいつも
もしも全てが嘘で ただつじつま合わせで
いつかなついていた猫は お腹すかしていただけで
すぐにパチンと音がして 弾けてしまう幻でも
手の平がまだ暖かい

恐いモノ知らずで 時代ははしゃぎまわり
僕と君のすごした ページは破り去られ
歴史には価値のない 化石の一つになるのさ
君と出会えて良かったな
Bye Bye 僕はStrange Chameleon
[PR]

by eringish | 2005-05-28 22:33 | 映画/小説/漫画  

リアルワールド

昨日の高速教習はちょっとした事件だった。
教習所から東名に乗って秦野中居っていうICで降りて
近くのスーパーで休憩、ドライバーを交代して帰るっていうメニュー。
先手は18歳の女の子であたしは後部座席に乗って
東名までの田舎道ドライブを平和に満喫。

東名は思いのほかトラックが多かった。
一番左側の車線を走るわけなんだけど左右に蛇行して
時速40キロくらいで走ってる危険なトラックがいて。
どうやら居眠りの様子。
いくら教習でもやっぱ事故とは隣あわせなんですねぇ。

無事秦野中居につくと休憩所でやさしい教官が
安いジュースをおごってくれました。60円の紙コップで飲むジュース。
「どれでも好きなのをどうぞ」と言われるわけなんですが。
あたしが「好きなの」を押してもなんか機械が動かなくて。
よくよく見てみるとココアだけ70円。
「これがいいの~?しょうがないなぁ」というわけで10円儲けました(笑)

さて。先手の女の子のミッションが終了するといよいよあたしの番で。
駐車場から出て最初の交差点。赤で停止。
エンジンかからず1時間立ち往生。
あわてる教官。クルーは放置。
あきれる女子2名。
15時15分まで自由時間になる。
さながら修学旅行の先生のようになってしまった教官を尻目に
興味津々の他のドライバに手を振る女子2名。
教習やりなおしにブチギレた女子2名。

まあ今日横浜新道無事に走りきったけどね~
100キロ出してみたかった~(横浜新道は80キロ制限・・・)
[PR]

by eringish | 2005-05-28 22:32 | 勉強とか  

負の声

感情を作っている
ちっとも自然じゃない
フィクションにもならない
ただ偽者なだけだ
感動とか発見とかそんなところに宿るもんか
こんな言葉の羅列も大して意味がない
マルコビッチでも見てたほうが数倍マシだ
ああほんとに吐き気がする
[PR]

by eringish | 2005-05-28 01:51 | ワシ的詩文  

またまたなんか占いのようなもの

占いだのヨガだのマンガだのいってると
あたしのヤバイ人度数がどんどん上がっていきそうですね・・・
別にどっぷりはまってるわけじゃないですから!!
ない腹をさぐらないように。

んで課題の合間に見つけたうさんくさい自己分析。
恋愛頭脳っていうサイトで統計から自分の恋愛観が標準か特殊かを
判定してくれる。世代別データで判定した場合、とか
データ全体から判定した場合とかなかなか小技の利いたこのサイト。
統計のカラクリなんかもちょっとお勉強できたりしておもしろい。
暇なときおすすめです。

ちなみに18-30歳女性のデータ(484537人中)からはじき出された結果は
総合判定:
恋愛観レベル:大人
★18歳以上30歳未満の女性から見たえりえりさんの… 【恋愛観支持率】 70.8%
【恋愛スタイル】 短期低テンション恋愛型
【印象】 ちょっと騙されやすいお馬鹿さんなのかな、となめられています
誠実そうなイメージがあります

えりえりさんの恋愛観は、まぁまぁバランスが良いのではないでしょうか。えりえりさんの考え方は全面的に支持されるものではありませんが、さほど歪んでいるという印象も持たれないでしょう。しかしところどころにある偏りは、えりえりさんが広く人の意見を聞き入れないでここまできたジャンルであると言えます。トラブルの種となる可能性大です。それがえりえりさんのこだわりであろうとなかろうと、異なる意見も広く取り入れましょう

まずルックスという第一審査があるのは多くの人に見受けられる傾向ですが、えりえりさんは少しそこに執着しすぎなのではないでしょうか。人それぞれこだわるポイントが異なるのは当然ですが、このようなタイプは、相手の嫌な面を見たときの「がっかり」が大きくなることでしょう

うーん大はずれ(^ー^)
やってみるべし相性チェックもできるらしい。
[PR]

by eringish | 2005-05-28 01:00  

そういうことなのかもしれない

少し昔のことを思い出したりしてみると
私は恒常的に憂えることが多かった。
わかる筈もないのに生きる意味なんかについて
考えて不安になったり自暴自棄になったりしていた。
でも最近それが繰り返されなくなってきたのは
自分が生きることに対して
真摯じゃなくなってきたからでも
シリアスじゃなくなったからでも
未来が明るくなったわけでもなく
おそらく毎日必死でそんなこと考えてる暇がなくなってきている
ということなのかもしれない。
これがいいことなのか悪いことなのかは分からないけど
おそらく何もしないで明日を憂えることよりは
意味のあることなのではないかと少し感じている。
[PR]

by eringish | 2005-05-27 00:43 | ワシ的発言  

悪口を言うな

「うすらバカ」というと「うすのろ」+「バカ」
みたいな印象があってますますバカ+αちっくだけど
「うすらバカ」を本来的に「うっすらバカ」と言ってあげることで
多少やんわりするような気がした。
くだらないことを考えている頭の中は今
風邪ウイルスに犯され始めている模様。
あーれー
[PR]

by eringish | 2005-05-26 01:04 | ワシ的発言  

彼氏彼女の事情

少女マンガです。
自分の高校生時代の話を書いてるのかと思うくらいの
かぶり具合にすっかりはまってしまい。
高校生くらいのときに考えてた自分の価値、
みたいなエピソードが物語の随所に挿入されてたりして。
視点が主人公だけからじゃないっていうのがマンガと小説の
違いでしょうか。キャラ設定が本当に丁寧でドラマみたいです。
読んでて懐かしくて優しい気持ちになれちゃった
久々に人に薦めたいマンガです。
[PR]

by eringish | 2005-05-25 22:11 | 映画/小説/漫画  

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析