<   2005年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

为汉语练习

我开始汉语练习已经半年了.
我要非常多时间为写这么短文.
在读一本汉语文法书,想到我学习英语的时候.
能写一条短文有很多意思.
真想再去上海啊!
[PR]

by eringish | 2005-06-28 00:34 | 勉強とか  

つぶやき

22歳になってしまいました。
久しぶりに会った音大の友達の一言。(現在教職中)
「教え子の年は毎年変わらない。変わっていくのは私の年齢だけ」
学校ってそういうところか!パンドラの箱的驚きでした。
今日はあたしの運転でフランス料理を食べてきます・・・
この日記、生きていればそのうち更新されるでしょう
[PR]

by eringish | 2005-06-25 01:52 | ワシ的発言  

memo

今見たい映画
ハリウッド★ホンコン
べたなラブコメとか見たい心境。
[PR]

by eringish | 2005-06-24 00:44 | ワシ的発言  

初体験

人間も長くやっているとだんだん初めてなことが
少なくなってくるのだけど。
今日はちょっぴり痛くてドキドキする初体験をしてしまった。

お風呂に入ろうとしていたときのこと。
お洋服を脱いで、さあ、入ろうとしてふと思い出したことが。
髪の毛をお酢で洗うときれいになるらしい。
よし、酢だ酢だ酢を取りにいこう、と
白肌にバスタオルを巻いたその瞬間。

右太腿に鋭い痛みが。
うわっバスタオルに針でも仕込んであった!?
と思ったのもつかの間。
当然右太腿には針なんか刺さってなくて
その代わり足元に細長い黒い物体が。
ゴ、ゴキブリ?
足の痛みと突然の侵入者にちょっとした
パニック状態に陥った私はとりあえずバスタオルを巻きなおして
足元を這う生物をまじまじと見てみた。

ハチじゃないですか!
ハチにさされちゃったよ!
動いてるよ!ハチ!
ドアの前に立ちはだかるハチ。
しかしこの危機的状況から逃れるには部屋の外に出るしかない。
どうかハチさん飛ばないで・・・と思いつつ静か~にドアを開けて
バスタオルで居間へとダッシュ。

もうなんか注射の針が刺さったまんまで
ジンジン痛むとかそういうレベル。
見た目右足の血の気がなくなってる。
パパに頼んでお風呂場のハチ退治をしてもらう。
そのハチは今ここで安らかに眠っている。
とりあえずキンカン塗ってお風呂入ったら
何の症状もなく腫れも引いたみたい。

どうやらスズメバチとかそういう類ではなくて
単なる地蜂だったようなので毒性は強くないみたいだけど
ハチでショック死なんていうことも聞くからあなどれない。
っていうかバスタオルの中にハチが仕込まれてるなんて
誰が考えるよ!まったくついてません。
まあ以前ベッドの中にムカデがいたこともあったから
よくあるといえばあることなのかもしれないけれど。
無防備になったところを襲うなんて卑劣極まりない。
なんだかめまいがしてきたので今日はこの辺で寝るとしましょう。
おやすみなさい。

a0032796_23411820.jpg

うわさの蜂さん
[PR]

by eringish | 2005-06-20 23:31 | ワシ的発言  

旅行したい。

最近ブログも放置気味なのでそろそろ何か文章を書かなきゃなという心境でキーボードに向かう。特に書くことがなかったわけではないのだけど文章を書くことがひどく億劫でアウトプットよりもインプットばかりしていたのだ。なんて書くとなんか聞こえがいいけどつまりは読書をしていただけ。

旅行に行きたくてうずうずしているのだけど
費用と時間がないためにいけない。
そんなとき役に立つのが旅行記だ。
三鷹の古本屋で『上海の西、デリーの東(著作:素樹文生)』
という本を見つけた。
きっとどこにでもあるバックパッカー旅行記なのだけれど
それをやったことがない、それにあこがれている自分としては
興味津々で読みふけられる一冊になった。

中国、ベトナム、カンボジア、タイを通ってインドまで行く
スケールの大きな旅行の様子が臨場感あふれる文章。
椎名誠のような軽い口調で書かれているものだから
どんどん読めてしまってもったいない。
電車の中でだけ読もうと決めた。

文化について書かれた本を読むのも面白いのだけど
時々標本的だなぁと思う。
こんな習慣があります、由来はこれこれで
意義はこれこれでこのように行います・・・
知識欲を満たすためにはこれでおなかいっぱい
にはなるんだけど一味足りないなという感じ。
旅行記だとこの辺の事柄については著者の知識のあいまいさに
記述もあいまいなままにごまかされるんだけど、
文化の内部で起きているアクチュアリテが如実に現れていて
面白いなと思う。

たとえば中国では旧暦のお正月に悪霊退治の意味も込めて
爆竹を鳴らすのだけれど
多くの日本人がそうしているように中国の人も
自分の故郷に帰ってお正月を迎えるわけで。
お正月の前の電車はそれはもうすごいことになっているんだそうな。
汚い電車にぎゅうぎゅう詰めになって帰省するのが
中国人の年中行事の一つで、当然座る場所もない。
そんな電車の中で、新年準備のための爆竹を
これでもかというほど詰めた麻袋を座布団代わりに座っている
お年寄りがいたりして。
そしてその周りでは実に中国人らしく
ひっきりなしにタバコを吸いまくっていて。
当然灰皿なんてないもんだから吸殻は火のついたまま
床にポイ捨てで。
爆竹で電車が吹っ飛ぶ事故も多発しているんだとか。

まあこの話は1994年現在の時間軸で書かれているので
さすがに今は規制厳しくて持込みも制限されているのだろうけれど。
(ちなみに北京など大都市での夜間の爆竹は禁止された)
こんな話を聞くとダイナミックでしょ。ほんとかなとか思うでしょ。
いってみたくなるでしょ。
社会人になる前に行きたいな~
当分は読書でがまんです。
[PR]

by eringish | 2005-06-19 22:02 | ワシ的発言  

免許皆伝

やっと免許がとれた~~~
普通は3年近くもつものだけど
来週誕生日だから
あたしの初めての免許ちゃんは
2年と1週間しかもちません・・・

来週受ければよかったかな~笑
[PR]

by eringish | 2005-06-17 21:33 | ワシ的発言  

瑠璃の島プレ最終話

土曜日に録っておいた瑠璃の島を見る。
10回かそこらの連ドラだから仕方ないのかもしれないけど
ここ4回くらい話がやや急展開で作り話っぽさが強調されてるのが難点。
お母さんに恋人ができて籍抜かれたりショウメイさんが死んだり
町長さんに隠し子がいたり川島さんが島でてっちゃったり。
んで大体それを60分で見せようとするから登場人物たちが
理不尽な出来事に納得するまでの時間がやや無理やり。
それでも毎回ちゃんと泣き所を用意する脚本はさすが。
親も友達も初恋も無くした瑠璃に残ってるものって何だろうなぁ。
次は島を失うのかな。と思うところです。
[PR]

by eringish | 2005-06-13 22:33 | 映画/小説/漫画  

落ち気味。

気分が低迷中。
友達のデザイナさんの新しい作品の撮影。
上下セットアップでウールだからほんとに暑い。
撮影の前に羊を見に行ったんだけど
日陰でぐったりしててなんて怠惰だ動物だろうと
思ってた。でも毛皮を着てみて羊の偉大さを実感した。
羊に日なたはきつい。

バッティングセンターに行く。
時速100kmの球が打ててかなりうれしい。
打席の中央上部に取り付けてあるストライクゾーンの鐘を
鳴らせたことにかなりの自己満足を覚える。

あまり会えない人に会えたのにちょっと調子悪くて後味がよくない。
気分転換てどうやるんだっけ。
a0032796_17591041.jpg

[PR]

by eringish | 2005-06-12 17:55 | ワシ的発言  

やっと

教習所卒業できました!
思えば長い道のりだった・・・
まるまる8ヶ月かかった教習も今日でおしまい。
最後の卒業検定では左ウインカー出しながら右折しちゃったり
自由経路設計の目的地を間違えて全然違うとこで止まったり
しちゃったけど無事今日で卒業です!
来週金曜日になったらいよいよ本免試験だ~!
うれしいな★
[PR]

by eringish | 2005-06-12 02:55 | ワシ的発言  

任逍遥

a0032796_0271373.jpg

最近見た映画の中で一番琴線に触れた映画。
2002年の中国韓国日本合同のカンヌ出展作品です。

かるくストーリー紹介します。
高速道路開通、WTO加盟、2008年オリンピック開催地決定。
毎日インターナショナルなニュースばかりが流れる現代中国。
そんなスピード感だけは伝わってきても依然として実際の生活は
仕事ない金ない恋人とはうまくいかないの連続だったりする。
それでも19歳という曖昧な時間の中でシャオジイとビンビンは
自分の可能性に、未来に不可能はないと信じていた。
少し変わった作風のロードムービー。

伏線がありとあらゆるところにちりばめられてて何回みても新鮮なこの映画。
ちょっとやりすぎってくらいのところがすきなのかもしれない。
日本での映画名は「青の稲妻」です。
シャオジイ役の俳優さんがえらくセクシーです。
[PR]

by eringish | 2005-06-09 00:22 | 映画/小説/漫画  

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析