<   2009年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

アキレス腱

1週間前くらいからアキレス腱が痛い。
ストレッチのしすぎかな…歩きにくい。
[PR]

by eringish | 2009-08-20 22:10 | ワシ的発言  

公職選挙法違反?

17日、創価学会のばあちゃんの元にDVDが届けられた。
昨日、そのDVDを見たいというので、ワタシはややアンチ創価ながらも
興味本位で見てみることにした。
創価学会の教義とかのDVDなのかな、とか思いながら。

そしたら公明党の選挙宣伝DVDだった。
どの区からどの候補が出馬するのか、皆で応援して公明党の大勝利を果たしましょう、みたいな。
政見放送に使われているような10分くらいの映像。
いや、ちょっとまて。
17日といえば公示日前。
公示日前に特定立候補者の名前と選挙区を出して応援を要請するのは大丈夫なのか?
選挙活動と政治活動は線引きが難しいとはいうけど・・・
候補者名と選挙区を出すのは公示日後じゃなかったっけ。
事前運動とやらにあてはまるような。
なんとなく引っかかります。

にしても、創価ネットワークはなんか、すごいです。
[PR]

by eringish | 2009-08-20 09:20 | 今日のはてな  

自分の中のCocco【後編】

2003年、Coccoを封印してから5年が経った2008年のある日、
久しぶりにみなとみらいのHMVに入ったら、
カ行の最後のほうに青いジャケットのCDが置いてあった。
白いドレスでお辞儀をして、音楽シーンから姿を消したCoccoのものだった。
視聴ブースもなく、不用意にCoccoを聞けば依存というダメージを受けることは分かっていたけれど、
手に取ったアルバムを棚に戻すことも出来ず、結局購入してしまった。


ドキドキしながらCDをかけると、鳥肌が立った。
これがCocco…
自分の痛みや苦しみを美しい旋律に流して捨てていた面影はまったくなかった。
優しく力強く前に進む光みたいなものが歌声を通じて、見えた。
嵐のあとの、優しい南風が吹く穏やかな夕暮れみたいな歌たちだった。

CDを聞いて、こんなにほっとしたことはなかった。
ああ、よかった。この人も嵐の海を抜けて、ちゃんと陽のあたる港へたどり着いたんだ、と安堵した。
まるで生まれ変わったみたいだ、と思った。
けれど、ちゃんと自分の足で歩いてたどり着いた強さなんだと感じさせるものがあった。
悲しそうに苦しそうに歌うCoccoから、歌を愛していると楽しそうに唄うCoccoへ。
憎悪や嫉妬や自己嫌悪を優しさという強さに変換するパワー。
閉じた過去の思い出の世界から、開かれた未来への希望へ方向転換する柔軟性。
生きてくってこういうことだと見せつけられた気がした。

かつて
「行かないでって言って 離さないと言って

枯れてゆく夢を 腕に抱いて感じて

壊れてしまうのは何故なの なんて

今は動けない足で いつか

でも大丈夫 あなたはもう

私を 忘れるから」


と唄っていた少女は


「ここへおいで 忘れてもいい

何度でも思い出すから

私はここで 覚えてるから」

と言えるまで強くなった。
その事実だけでものすごく勇気づけられた。
おびえて動けなくなっていた自分が少し歩き出そうとしているときに重なって、
大丈夫、まだまだやれる、と自分を励ましてくれた。


ザンサイアンは2006年にリリースされたものなので、発見した時点でリリースから2年が
経過していた。けれど、個人的にはこのタイミングでよかった。
自分を置いて進んでいってしまうCoccoを見ることになるのであれば、
それはそれで苦しかったかもしれない。
音楽にもタイミングというものがあるんだろう。

さて、Coccoをほったらかしにしていたら、復活した彼女はアルバムを2枚もリリースしており、
もう1枚、「きらきら」という作品があることを知った。
バンドメンバーも根岸さんから長田さんに代わったらしいということもそのとき知った。
そういえばくるりとCD出してたな、と思い出す。
「きらきら」さっそく聞いてみると、一瞬面食らう。
ロンドンに来たはずなのに沖縄に着いちゃった、みたいな、
これはハードロックじゃねぇ!という感覚のズレのようなもの。
なのに相変わらずCoccoの身体の一部としては違和感がない。
伝えたいものが伝わってくる。
何より、聞いててとっても幸せな気分になる。
歌詞が、とかそういうスケールじゃなくて、
唄ってる彼女自身がとっても楽しそうなのが聞いてて伝染してくる。
これは多分音楽的なことを言えば以前の方向性とは違うだろうけど、
こういうのもいいじゃないか、むしろこっちのがいいんじゃないかとさえ思える。


これまで「自分」の気持ちを中心として「あなた」とのことを唄った彼女が、
今では「自分」を確立して「あなた」へと優しく呼びかける。
そんなスタンスがどの歌にも流れている。


彼女は自分の世界観を表現する手段を確かに持った、芯の強いアーティストだ。
自分は勝手に戦友だと思っている。
彼女の歌といろんなことを乗り越えてきた。
辛すぎて聞けなくなってしまったこともあったけれど、もう大丈夫だ。
嵐のあとの穏やかな幸せを私も、彼女も知っている。
そこに流れるべき音楽も。
もう大丈夫。
ハレヒレホ。


楽しい優しい穏やかな毎日が、みんなみんなにありますように。
[PR]

by eringish | 2009-08-18 17:42 | 音楽  

体験2回目@club jens dance school in 下高井戸

本日は下高井戸のスクール体験レッスンの2回目。
Club jazz超入門クラスでした。
やっぱりクラスで一番下手くそだったんだけど、すごい楽しかった。
先週から引き続き、新しい振り付けを2エイト加えてのコンビネーションがあって、
なんとか覚えてついていくことができたし。
っていってもなんとなく他の人と動きが違うんだけど。。。

BGMが普通に洋楽かと思ったら土屋アンナとAIのコラボレーションの曲だった。
非常にカッコイイ。
http://www.youtube.com/watch?v=Vj-rshGC6Ac

やっぱダンスいい!
踊ってる間は身体の隅々までダンスでいっぱいになってる気がして、
余計なことを考えてる余裕なんてないし、たまにキマるとすっごい気持ちいい!
これはかなりハマる予感。
今の計画で行くと、5つのスクールの体験レッスンをハシゴする予定。

今日同じクラスで話した大学生はダンス初めて1年ちょい、ってことだったから、
この無職期間中に踊り狂えばもしかしたら追いつくかもしれない!
思う存分踊ろうっと。

1日はさんで14日は渋谷で練習です。
[PR]

by eringish | 2009-08-13 00:19 | 遊び  

横浜市最終面接終了

だめな感じに終わりました。
ここまで全然緊張とは無縁だったのに、
最終面接トップバッターということになぜか異常に緊張。


緊張しすぎて話しながらむせこんだり、
面接官に「質問の仕方が悪かったのかもしれないけど」と
同じ質問をされたり、自分の性格に関する面接官の質問に
否定するような挑発的なことを言ってしまったりしました・・・
それ以外はそつなく答えられたと思うけど、
そこでのミスが致命傷で不合格になりそう。


最大の失敗は、人の意見を聞かない人物像ではないか、というチェックが
ものすごい厳しくて、その質問にうまく答えられなかったことです。。。
多分「自信家で、人のアドバイスはあまり参考にせず
独りよがりにつっぱしる思い込みの激しいやつ」という評価がされたような気がします。
その印象が尾を引いて、自分ではうまく答えられたつもりの質問も、
悪印象を挽回するまでの威力のものはなく、全体的に面接官には
あまり印象よくなく映ってしまったかも、とかここに来て帰り道すごい落ち込んでしまいました。


既卒で社会人経験があるくせにレベル的に新卒と同じようなところにいたのでは
採用されません。私が面接官であれば他にいい人はたくさんいるんだから、
レベルが同じくらいであればあえてキズモノの中途なんかは選ばないと思います。


とはいいつつも、心の底で「トータルで点数をつけるんであれば万が一ということもある」
とかあきらめの悪い考えをしているのも事実で。
どうせ結果は3日に出るんだし、いつまでも落ち込んでいてはせっかくの夏も
楽しく過ごせないので、今日は下高井戸でレッスンを受けて、元気を取り戻してこようと思います。
でも結果発表まで1ヶ月弱あるのは生き地獄だ…


5月から始まった横浜市試験もようやく4ヶ月かけて終わろうとしています。
不採用だったときのことはまだ考えていませんが、
不採用だったらどうするかは、結果が出たとき考えようと思います。
さあ、残り少ない夏を楽しむぞ!まずは三浦市のエントリーシートだ!
[PR]

by eringish | 2009-08-12 13:47 | 市役所試験  

明日

決戦の日です。

うまくいきますように。
[PR]

by eringish | 2009-08-10 19:58 | ワシ的発言  

体験@Dance Studio First

先日行くはずだったダンススクールがお休みだったので4日ぶりのダンスです。
今回は渋谷のDance Studio Firstで体験レッスン。
渋谷モヤイ口の線路沿い、一軒丸々音楽ダンススタジオになっているビルの5階です。
15:30から1時間の、かれん先生によるダンス入門コースに参加してきました。
ここもClub Jensと同じく体験レッスン3回券で2100円で受けられます。
ただし8月中に消化しないといけないから、さっさと受けないとって感じ。


レッスンはやや短めの60分。
でも、生徒はたったの2人!つまりワタシのほかにもう1人しかいない。
しかもその人もダンス未経験で始めた人で2回目だから、レベルは同じくらい。
だからほぼマンツーマンで、ストレッチやターン(シェネ、フェッテ)の
超基礎的なところからアドバイスがもらえて、なんか得した気分。


コンビネーションも「ここが分かりません><」とかいいやすい雰囲気なのがよかった。
音が椎名林檎のギブスだったのがビックリ。邦楽で踊るんだΣ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
なんかちょっと恥ずかしいけど、知ってる曲だから踊りだけに集中できて
実は流れが覚えやすいことが判明。
全部で2.5エイトくらいしかなかったけどひとつひとつに結構小ワザが効いてて、
短めで流れが覚えられる分ひとつひとつを丁寧に踊れる感じ。


ここも未経験から上達するにはよさげな感じだけど…
遠いのがネック。


次回、最終面接をはさんで、立川にある個人スタジオです。
どうなのかなぁ、個人スタジオ…
[PR]

by eringish | 2009-08-09 23:09 | 遊び  

残念~

のりピーDNA出たって、超ショック007.gif
星の金貨毎回かかさず見てたし倉本綾役好きだったのに~
芸能ニュースにはさほど興味がないワタシでも、
今回はショックを受けました。

でも、マスコミって怖いなぁ。
つい数日前まで口をそろえて
「まじめで正義感が強いから自分を追い詰めてしまうのが心配」
とか言ってたくせに、いまやニュースに出る映像は髪の毛茶髪にしたり
ちょっとカメラ写りが悪くて「実は本性はジャンクです」的映像ばっか。
コメンテーターも残念そうな口調で話すけど、「身内も薬物で逮捕」とか、
「いかにのりピーが覚せい剤に手を出しやすい人間だったか」を強調するような報道。
犯罪者ほぼ確定だから仕方ないけど、こういうお祭り騒ぎは意地が悪いと思うなぁ。
だから見ない、ってのもまたちょっと違う気がするけど。

モラルってなんだろなぁ。

なんだか、もやもやする土曜日になりました。
[PR]

by eringish | 2009-08-08 13:42 | ワシ的発言  

ガキの恋愛から学ぶ

101回目のプロポーズじゃないけど、
どの出会いも「あの日あのときあの場所で君に会えなかったら」でできている。
「その」タイミングで出逢えなかったとして見知らぬ二人のままだったかどうかは
分からないけど、少なくとも今とは違った関係になっていたんじゃないかと思う。


最近よくそんなことを考える。
2004年と2005年は消しゴムで消してしまいたいくらいすごく荒んでいた暗黒時代だった。
魅力的な要素なんて微塵もないくせに、自分には価値があって
誰かに必要とされてると思わないと立っていられなかった。
自分を好いていてくれるという安心感を得るためだけに人を好きになったりしていた。

そんな自分が不甲斐ないし相手にすごく失礼なことをしたと思う。
きっと恋愛ごっこよりもっとふさわしい付き合い方があったはずだった。
なのに、おしなべて手っ取り早い恋愛関係に逃避しようとしてしまった。
あのとき冷静な判断力があったら、もしくは出逢うのが少し遅かったら、
今頃尊敬すべき友人って言えてたかもしれないのに。
ガキだってのはこういうことを言うんだろう。


自分の空虚さを埋めるための恋愛は悲劇だ。
与えられることだけで成立している関係は、脆い。
相手が与えることをやめた瞬間に崩れてしまう。
相手に何の感動も与えることができなければ、
一緒にいた分の時間を浪費させてしまったのと同じだ。
自分の力で誰かを照らすパワーを持たないと、誰かに感動を与えることなんてできないし、
魅力的ではいられない。
あ、これって恋愛に限った話じゃないかもしれない。


出逢った人とちゃんと向き合う。
自分で自分を輝かせる力を養って、高めあう。
当たり前のことなのに、できてなかった。
もらうばかりで自分では何もしなかった。
それに薄々気づいていたから誰に対しても負い目を感じてたし、
いろんな人間関係に不安になっていた。
何より自分に対して言い訳ばかりしていた。


振り返って、後悔しない生き方をしよう。
そのときできる精一杯を目指そう。
それが生きてるってことに対する誠意ってもんだろうし、
ハッピーの近道もそこにある気がする。
もっともっともっと幸せになるのだ!
 
[PR]

by eringish | 2009-08-07 10:21 | ワシ的発言  

体験入学@Club Jens Dance School

今日は楽しみにしていた下高井戸のダンススクールClub Jensの体験レッスンの日でした!
体験レッスンといっても、ここは有料。
入会する前に1050円で1回か2100円で3回の体験レッスンを受けることができる。
体験レッスンが最大3回も受けられるなんてとってもお得。
3回チケットを買って、18時から1時間半、みっちり練習という幸せな時間をすごしてきました。


とはいっても、まだまだダンス歴1時間ですので、何にもスキルがありません。
あるのはやる気だけ・・・


なので今日のコースも基礎がしっかりできると思ってCLUB JAZZ超入門クラスへ。
中高生半分くらいと大学生以上が半分くらいの10人程度の規模。
インストラクターはナイスバディかつ美人なAIKO先生です。

最初の1時間くらいがストレッチ、身体作り、基本動作です。
アイソレーションの練習も前回のstudio Ladinよりもきっちりやってくれます。
首以外のアイソレーションが意外と出来たのが今日一番うれしかったところ。
でもまだまだ全然キレイじゃないからやっぱりアイソレーションの練習もたくさんしたいです。

あとはバレエの基本動作、ポジショニングも割合時間をかけてやってくれたのもうれしかったです。



でも!超入門とかいうくせに、みんな超うまい!!
Studio Ladinの人のほうがレベル高い人は多かったけど、
Club JensではLadinとは違って超初心者と初心者クラスにわかれている。
あえて超初心者クラスにこのレベルの人がいるというのは本当にショック。
やっぱり際立ったボロボロさ加減でコンビネーションを踊らなきゃならない…
でもコンビネーションがワンフレーズでも決まると、超快感。
やっぱりどんな下手でもあきらめないで練習に通ってみよう。

帰り際にAIKO先生と話す機会があったのだけど、
「振りについていけてたし、頑張ってたから大丈夫だよ!」と励ましてくれた。
こういうモチベーションを上げてくれるインストラクターがいることも
スタートダッシュの時期には特に大切だと思う。

下高井戸は少し遠いけど、しかも夕飯当番の日だけど、通ってみようかな。



明日は高田馬場で午前中の体験レッスンです!
だんだん遠くなっていく…
[PR]

by eringish | 2009-08-05 22:30 | 遊び  

キャッシング キャッシング ASPアクセス解析